稲生若水(読み)いのう じゃくすい

  • 1655―1715
  • いのうじゃくすい
  • いのうじゃくすい〔いなふ〕
  • 稲生若水 (いのうじゃくすい)
  • 稲生若水 いのう-じゃくすい

美術人名辞典の解説

江戸中期本草学者・漢学者。江戸生。稲生恒軒の子。名は宣義、字は彰信、通称を正助、別号を白雲道人。を父と木下順庵に、本草を大坂福山徳潤に学び、本草学を志す。加賀前田侯に儒者として仕え、金沢と京都を往復し、本草の著述専心前田綱紀の命を受けて『庶物類纂』を著す。弟子に松岡恕庵野呂元丈丹羽正伯ら。正徳5年(1715)歿、61才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

江戸時代の本草学者。江戸生れ。名は宣義。1693年加賀藩主前田綱紀(つなのり)に仕え,(とう)若水と称す。中国の典籍中の動植物の記事を調べ,実物とも照らして,それらの知識を集大成した《庶物類纂(しょぶつるいさん)》を著した。また,松岡恕庵,野呂元丈,丹羽正伯ら多くの弟子を育てた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1655-1715 江戸時代前期-中期の本草家。
明暦元年生まれ。稲生恒軒・春子の長男。儒学を木下順庵に,医学を父と福山徳潤にまなぶ。元禄(げんろく)6年(1693)加賀金沢藩主前田綱紀(つなのり)につかえ,稲(とう)と改姓。「庶物類纂(しょぶつるいさん)」1000巻の編集をはじめて,362巻まで完成させた。正徳(しょうとく)5年7月6日死去。61歳。江戸出身。名は宣義(のぶよし)。字(あざな)は彰信。通称は正助。編著に「炮炙(ほうしゃ)全書」,著作に「詩経小識」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

1655‐1715(明暦1‐正徳5)
江戸中期の本草家。名は宣義,字は彰信,号は若水,通称は正助,のちにみずから稲若水(とうじやくすい)と改名。儒医稲生恒軒を父として江戸に生まれる。1693年(元禄6)加賀藩主前田綱紀に儒者,本草家として召し出された。《庶物類纂》1000巻の編述を志し,綱紀の後援のもとに作業をはじめ,362巻を完成しただけで死去した。これは中国文献にある動植物の記事を集録したもので,名物学,博物学の傾向が強い本草書である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

1655~1715 江戸前・中期の本草学者。江戸生まれ。稲とう若水と称す。日本産の本草・薬物を実証的・網羅的に扱う研究姿勢を確立。加賀藩主前田綱紀の援助で「庶物類纂」を著す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]明暦1(1655).江戸
[没]正徳5(1715).7.6. 京都
江戸時代中期の本草学者。字は彰信,通称正助,名は宣義,のちに若水と称す。医学を父恒軒に学び,本草を福山徳順に学んだ。元禄6 (1693) 年,金沢藩に儒者役として召出され,『庶物類纂』の編纂を命じられた。同書は 362巻で未刊に終ったが,のちに丹羽正伯が引受け,1000巻とした。著書はほかに『食物伝信纂』『炮灸全書』『詩経小識』『本草綱目新校正』などがある。また父の著『螽斯草』 (産婦心得書) にをつけて元禄3 (90) 年に刊行した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸中期の本草(ほんぞう)学者。名は宣義(のぶよし)。江戸に生まれ大坂に移る。儒学を伊藤仁斎(いとうじんさい)に学び、父恒軒(こうけん)(1610―1680)の医業を継いだ。本草を福山徳順(ふくやまとくじゅん)(生没年不詳。徳潤とも記される)に師事、「薬物は国産のもの、中国書にあるもの千二百余種を精査した者は古今を通じて余一人」と学殖を示した。1693年(元禄6)儒者として加賀藩主前田綱紀(まえだつなのり)に禄(ろく)200俵で抱えられ、以後『庶物類纂(しょぶつるいさん)』(博物大全)の編纂に20年間精力を傾注、362巻までを脱稿して正徳(しょうとく)5年京都に病没した。綱紀は若水の偉業をたたえ、学問を奨励する8代将軍徳川吉宗(とくがわよしむね)に本書を献じた。ほかに、和刻本中もっとも信が置けるという『校正本草綱目』53巻、薬物の選品を論じた『炮炙(ほうしゃ)全書』『物産目録』など。丹羽正伯(にわしょうはく)、野呂元丈(のろげんじょう)、松岡恕庵(まつおかじょあん)は門人で、正伯は『庶物類纂』を1000巻に増補した。[根本曽代子]
『『庶物類纂』全11巻(科学書院・1987~1991)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1655年7月27日
江戸時代中期の本草学者
1715年

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

江戸中期の本草学者。通称正助。名は義。字は宣義・彰信。若水は号。恒軒の子。江戸の人。福山徳順に本草学、伊藤仁斎に儒学を学び、加賀藩主前田綱紀に仕える。著「庶物類纂(るいさん)」「本草図彙」など。明暦元~正徳五年(一六五五‐一七一五

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

1655〜1715
江戸中期の本草学者
江戸の人。医学・本草学(薬草学)を学び,また伊藤仁斎に儒学を学んだ。実地調査により日本の薬草を研究。1693年加賀藩主前田綱紀に仕え,その援助により『庶物類纂 (しよぶつるいさん) 』の編纂に従事したが,業なかばで没した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の稲生若水の言及

【本草学】より

…その後も盛んに中国から本草学が導入されたが,漢籍を日本風に理解したのと呼応して,植物学でも,中国で記述された種を日本風に解釈するにとどまっていた。やっと18世紀になって,貝原益軒の《大和本草》(1709)や稲生若水の《庶物類纂》(未完),小野蘭山《本草綱目啓蒙》(1806)などによって日本風の本草学が集成されていった。江戸時代末にはC.P.ツンベリーやP.F.vonシーボルトなどを介して西洋本草学の影響が及び飯沼慾斎《草木図説》(1852),岩崎灌園《本草図譜》(1828)などが出版され,日本の植物についての高い知見が示されていった。…

※「稲生若水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android