コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲生若水 いのう じゃくすい

8件 の用語解説(稲生若水の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

稲生若水

江戸中期の本草学者・漢学者。江戸生。稲生恒軒の子。名は宣義、字は彰信、通称を正助、別号を白雲道人。儒を父と木下順庵に、本草を大坂の福山徳潤に学び、本草学を志す。加賀前田侯に儒者として仕え、金沢と京都を往復し、本草の著述に専心、前田綱紀の命を受けて『庶物類纂』を著す。弟子に松岡恕庵野呂元丈丹羽正伯ら。正徳5年(1715)歿、61才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いのう‐じゃくすい〔いなふ‐〕【稲生若水】

[1655~1715]江戸中期の本草(ほんぞう)学者。江戸の人。名は宣義。福山徳潤に師事し、のち加賀藩主に仕えた。博物学の先駆者。著「庶物類纂」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

稲生若水【いのうじゃくすい】

江戸時代の本草学者。江戸生れ。名は宣義。1693年加賀藩主前田綱紀(つなのり)に仕え,稲(とう)若水と称す。中国の典籍中の動植物の記事を調べ,実物とも照らして,それらの知識を集大成した《庶物類纂(しょぶつるいさん)》を著した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲生若水 いのう-じゃくすい

1655-1715 江戸時代前期-中期の本草家。
明暦元年生まれ。稲生恒軒・春子の長男。儒学を木下順庵に,医学を父と福山徳潤にまなぶ。元禄(げんろく)6年(1693)加賀金沢藩主前田綱紀(つなのり)につかえ,稲(とう)と改姓。「庶物類纂(しょぶつるいさん)」1000巻の編集をはじめて,362巻まで完成させた。正徳(しょうとく)5年7月6日死去。61歳。江戸出身。名は宣義(のぶよし)。字(あざな)は彰信。通称は正助。編著に「炮炙(ほうしゃ)全書」,著作に「詩経小識」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

いのうじゃくすい【稲生若水】

1655‐1715(明暦1‐正徳5)
江戸中期の本草家。名は宣義,字は彰信,号は若水,通称は正助,のちにみずから稲若水(とうじやくすい)と改名。儒医稲生恒軒を父として江戸に生まれる。1693年(元禄6)加賀藩主前田綱紀に儒者,本草家として召し出された。《庶物類纂》1000巻の編述を志し,綱紀の後援のもとに作業をはじめ,362巻を完成しただけで死去した。これは中国文献にある動植物の記事を集録したもので,名物学,博物学の傾向が強い本草書である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いのうじゃくすい【稲生若水】

1655~1715) 江戸前・中期の本草学者。江戸生まれ。稲とう若水と称す。日本産の本草・薬物を実証的・網羅的に扱う研究姿勢を確立。加賀藩主前田綱紀の援助で「庶物類纂」を著す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稲生若水
いのうじゃくすい

[生]明暦1(1655).江戸
[没]正徳5(1715).7.6. 京都
江戸時代中期の本草学者。字は彰信,通称正助,名は宣義,のちに若水と称す。医学を父恒軒に学び,本草を福山徳順に学んだ。元禄6 (1693) 年,金沢藩に儒者役として召出され,『庶物類纂』の編纂を命じられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稲生若水
いのうじゃくすい
(1655―1715)

江戸中期の本草(ほんぞう)学者。名は宣義(のぶよし)。江戸に生まれ大坂に移る。儒学を伊藤仁斎(いとうじんさい)に学び、父恒軒(こうけん)(1610―1680)の医業を継いだ。本草を福山徳順(ふくやまとくじゅん)(生没年不詳。徳潤とも記される)に師事、「薬物は国産のもの、中国書にあるもの千二百余種を精査した者は古今を通じて余一人」と学殖を示した。1693年(元禄6)儒者として加賀藩主前田綱紀(まえだつなのり)に禄(ろく)200俵で抱えられ、以後『庶物類纂(しょぶつるいさん)』(博物大全)の編纂に20年間精力を傾注、362巻までを脱稿して正徳(しょうとく)5年京都に病没した。綱紀は若水の偉業をたたえ、学問を奨励する8代将軍徳川吉宗(とくがわよしむね)に本書を献じた。ほかに、和刻本中もっとも信が置けるという『校正本草綱目』53巻、薬物の選品を論じた『炮炙(ほうしゃ)全書』『物産目録』など。丹羽正伯(にわしょうはく)、野呂元丈(のろげんじょう)、松岡恕庵(まつおかじょあん)は門人で、正伯は『庶物類纂』を1000巻に増補した。[根本曽代子]
『『庶物類纂』全11巻(科学書院・1987~1991)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の稲生若水の言及

【本草学】より

…その後も盛んに中国から本草学が導入されたが,漢籍を日本風に理解したのと呼応して,植物学でも,中国で記述された種を日本風に解釈するにとどまっていた。やっと18世紀になって,貝原益軒の《大和本草》(1709)や稲生若水の《庶物類纂》(未完),小野蘭山《本草綱目啓蒙》(1806)などによって日本風の本草学が集成されていった。江戸時代末にはC.P.ツンベリーやP.F.vonシーボルトなどを介して西洋本草学の影響が及び飯沼慾斎《草木図説》(1852),岩崎灌園《本草図譜》(1828)などが出版され,日本の植物についての高い知見が示されていった。…

※「稲生若水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

稲生若水の関連キーワード勝田寿閑金道(3代)左近伊兵衛志村無倫蝶左坊辻村茂兵衛服部常春深尾訒亭正歳馬淵宗畔

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone