後藤源左衛門(読み)ごとう げんざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「後藤源左衛門」の解説

後藤源左衛門 ごとう-げんざえもん

1729-1807 江戸時代中期-後期砲術家,測量家。
享保(きょうほう)14年生まれ。肥後(熊本県)の人。水足(みずたり)習砲術を,のち堀操心に測量法をまなび,銃法にすぐれたという。文化4年11月死去。79歳。名は泰亮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android