後足で砂をかける(読み)アトアシデスナヲカケル

  • あとあし
  • で 砂(すな)をかける
  • 後足
  • 後足(あとあし)で砂(すな)をか・ける

デジタル大辞泉の解説

恩義のある人を裏切るばかりか、去りぎわにさらに迷惑をかけることのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

世話になった人の恩義を裏切るばかりか、去りぎわにさらに迷惑をかけてかえりみないたとえ。
※歌舞伎・芽出柳緑翠松前(1883)四幕「御暇(おいとま)の出た其時に、下世話(げせわ)で申す後足(アトアシ)で砂(スナ)をかけて参った奴」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

世話になった人の恩義を平気で裏切るばかりか、去りぎわにさらにひどいふるまいをすることのたとえ。

[使用例] 後足で砂をかけて行きやがる女房に金の無理算段をしてやる、実に見さげ果てた男だと思うだろうな[豊田三郎*弔花|1935]

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android