無理算段(読み)ムリサンダン

デジタル大辞泉の解説

むり‐さんだん【無理算段】

[名](スル)極めて苦しい状況の中でなんとか物事や金のやりくりをつけること。「無理算段して借金を返す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むりさんだん【無理算段】

( 名 ) スル
苦しいやりくりをしてなんとか融通をつけること。 「 -して金をつくる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

むり‐さんだん【無理算段】

〘名〙 無理をして物事や銭の融通をつけること。
※歌舞伎・忠臣蔵後日建前(女定九郎)(1865)下「今でこそこのやうな後家といっても犬の後家、姐御(あねご)姐御とおひゃらかされ、無理算段(ムリサンダン)の日済貸(ひなしがし)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android