後連(読み)あとづれ

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐づれ【後連】

〘名〙 後妻。のちぞい。
※浄瑠璃・賀古教信七墓廻(1714頃)一「後づれの子の花二郎せめて法師(ほうし)にせん物を」

あと‐れん【後連】

〘名〙 後から来る連中。遅れてやってくる仲間の者。
※評判記・赤烏帽子(1663)下村左源太「利発也、しらうとのあとれん若衆也」

のち‐づれ【後連】

〘名〙
※俳諧・新続犬筑波集(1660)七「むかしをしのぶ今の政道 のちつれはいとどりんきのふかくして〈催笑〉」
② 能や狂言で、中入(なかいり)よりあとに登場するツレをいう。
※大観本謡曲・夜討曾我(室町中)「後ヅレ一声 寄せかけて、打つ白波の音高く、鬨を作って、騒ぎけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後連の関連情報