コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連中 レンジュウ

デジタル大辞泉の解説

れん‐じゅう〔‐ヂユウ〕【連中】

れんちゅう(連中)1」に同じ。
音曲などの一座の人々。「長唄連中

れん‐ちゅう【連中】

《「れんぢゅう」とも》仲間である者たち。また、同じようなことをする者たちをひとまとめにしていう語。親しみ、あるいは軽蔑(けいべつ)を込めていう。「クラスの連中を誘ってみる」「こういう連中は度し難い」
れんじゅう(連中)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

れんじゅう【連中】

歌舞伎用語。(1)俳優を後援する観劇団体。見連(けんれん),組,組見(くみけん)ともいう。上方では古くから手打連中というものがあり,顔見世のときには一座の俳優に進物を贈り,茶屋の軒には連中の印のある箱提灯をかけ,揃いの頭巾をかぶって奇妙な手を打った。なかでも享保から安永にかけて(18世紀),次々とできた大坂の〈笹瀬〉〈大手〉〈藤石〉〈花王(さくら)〉のいわゆる四連中が有名である。京都の〈笹木〉,名古屋の〈真蘇木(まそぎ)〉〈花岡〉〈大笹〉の三連中などはいずれも大坂の手打連の模倣であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

れんじゅう【連中】

仲間の人たち。また聞き手にもわかっている一定の範囲の人々。親しみや、軽侮をこめて用いる語。あいつら。れんちゅう。 「会社の-」 「うるさくて手のつけられない-だ」 「あの-ときた日には…」
音曲や演芸の一座の人たち。 「お囃子-」 「常磐津-」

れんちゅう【連中】

れんじゅう(連中)」に同じ。 「あの-とはもうしばらく会っていない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

連中の関連キーワード取り巻き・取巻きいけ好かない甘い汁を吸うクレージーわいわい連口さがないどうする連長屋の花見面を通す長唄連中ずぶしち締め括る下らない軽佻浮薄大山詣り有象無象良からぬ御多分連ごつい天狗連

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連中の関連情報