コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連中 レンジュウ

5件 の用語解説(連中の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

れん‐じゅう〔‐ヂユウ〕【連中】

れんちゅう(連中)1」に同じ。
音曲などの一座の人々。「長唄連中

れん‐ちゅう【連中】

《「れんぢゅう」とも》仲間である者たち。また、同じようなことをする者たちをひとまとめにしていう語。親しみ、あるいは軽蔑(けいべつ)を込めていう。「クラスの連中を誘ってみる」「こういう連中は度し難い」
れんじゅう(連中)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

れんじゅう【連中】

歌舞伎用語。(1)俳優を後援する観劇団体。見連(けんれん),組,組見(くみけん)ともいう。上方では古くから手打連中というものがあり,顔見世のときには一座の俳優に進物を贈り,茶屋の軒には連中の印のある箱提灯をかけ,揃いの頭巾をかぶって奇妙な手を打った。なかでも享保から安永にかけて(18世紀),次々とできた大坂の〈笹瀬〉〈大手〉〈藤石〉〈花王(さくら)〉のいわゆる四連中が有名である。京都の〈笹木〉,名古屋の〈真蘇木(まそぎ)〉〈花岡〉〈大笹〉の三連中などはいずれも大坂の手打連の模倣であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

れんじゅう【連中】

仲間の人たち。また聞き手にもわかっている一定の範囲の人々。親しみや、軽侮をこめて用いる語。あいつら。れんちゅう。 「会社の-」 「うるさくて手のつけられない-だ」 「あの-ときた日には…」
音曲や演芸の一座の人たち。 「お囃子-」 「常磐津-」

れんちゅう【連中】

れんじゅう(連中) 」に同じ。 「あの-とはもうしばらく会っていない」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

連中の関連情報