コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徐脈性不整脈 ジョミャクセイフセイミャク

デジタル大辞泉の解説

じょみゃくせい‐ふせいみゃく【徐脈性不整脈】

心拍数が遅くなる不整脈。1分間に50回以下となるものをいう。心臓を一定のリズムで拍動させる電気刺激を発生する洞結節の異常によって生じる洞不全症候群(洞徐脈・洞停止・洞房ブロックなど)と、洞結節で発生した電気刺激が心室に伝わらなくなる房室ブロックがある。症状によってペースメーカー(PM)による治療が必要となる場合がある。→頻脈性不整脈

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

徐脈性不整脈の関連キーワード心臓ペースメーカー植込み型除細動器

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android