コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞不全症候群 ドウフゼンショウコウグン

デジタル大辞泉の解説

どうふぜん‐しょうこうぐん〔‐シヤウコウグン〕【洞不全症候群】

心臓を一定のリズムで拍動させる洞結節の機能不全によって心拍数が低下し、めまい・失神・息切れ・疲れやすいなどの症状が起こる疾患。重症の場合、ペースメーカーによる治療が必要となることがある。SSS(sick sinus syndrome)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

家庭医学館の解説

どうふぜんしょうこうぐん【洞不全症候群 Sick Sinus Syndrome, SSS】

[どんな病気か]
 洞結節(どうけっせつ)(心筋を動かす電気がつくられる場所)に異常があり、心房または心室に電気が伝わりにくくなるためにおこる病気です。この状態を洞不全(どうふぜん)といいます。洞不全がおこると、ふつうは脈が遅くなりますが、心房の異常を合併すると脈が速くなること(頻脈(ひんみゃく))があります。そのような人は、頻脈が終わったときにすぐに正常なリズムで電気を送ることができないため、一時的に心臓が止まり、ふらつきや失神(しっしん)をおこします。
 一般に、心臓が数秒以上停止するとふらつきがおこり、10秒以上停止すると意識がなくなって倒れてしまうことがあります。これをアダムス・ストークス発作(ほっさ)といいます。
 洞不全症候群になっても、心臓が止まってそのまま死んでしまうことはまずありません。しかしながら、意識を失ったときにけがをしたり交通事故にあうこともあるため、注意しなければなりません。また、脈の遅い状態が長く続き、心臓の機能が低下して心不全(しんふぜん)(「心不全とは」)になることもあります。
 治療は、「房室ブロック」を参照してください。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうふぜんしょうこうぐん【洞不全症候群 sick sinus syndrome】

洞機能不全症候群,病的洞結節症候群ともいう。洞房結節の自動能が障害されるために,徐脈や頻脈などの不整脈を伴う疾患。洞房結節に起因する徐脈だけのもの(I型),洞房結節の機能停止(これを洞停止という)を伴うもの(II型),徐脈や洞停止がある一方で,発作性の頻脈を伴うもの(III型)の3型に分類される。症状としては,徐脈によるめまいや失神,頻脈による動悸,頻脈発作後の一時的な心停止によるめまいや失神などがみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

洞不全症候群の関連キーワード老化にともなう循環器の病気と症状アダムスストークス症候群心臓ペースメーカー徐脈性不整脈洞結節不全

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android