コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徐鉉 じょげん Xu Xuan

2件 の用語解説(徐鉉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徐鉉
じょげん
Xu Xuan

[生]貞明2(916)
[没]淳化2(991)
中国,宋の学者,詩人。揚州広陵 (江蘇省) の人。字,鼎臣 (ていしん) 。南唐に仕え翰林学士御史大夫,吏部尚書などを歴任,のち宋にくだって太宗に仕え,左散騎常侍となった。弟の徐かいとともに言語学者として知られ,合せて「二徐」,また弟の小徐に対し大徐と呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じょげん【徐鉉 Xú Xuàn】

916‐991
中国,南唐・宋の文学者。揚州(江蘇省)の人。字は鼎臣。徐鍇(じよかい)の兄。初め呉,ついで南唐に仕え,翰林学士,御史大夫,吏部尚書などを歴任し,南唐滅亡後,宋に召され,太宗に仕えて左散騎常侍となった。弟徐鍇とともに文字の学にくわしく,八分(はつぷん)や小篆(しようてん)をよく書き,世に〈二徐〉と称せられた。兄弟はいずれも漢の許慎の《説文解字》を研究し,兄鉉は986年(雍熙3),勅命を奉じて《説文解字》を校定し,その定本をつくった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の徐鉉の言及

【説文解字】より

…さきに引く〈示〉はこのタイプの文字ではないが,〈示〉を2度繰り返して使うのは,文字の音声面を重視して,〈示〉というときのあの〈示〉なのだといおうとしていると思われる。 完全な本としては宋の徐鉉(じよげん)・徐鍇(かい)の兄弟が別々に校訂した大徐本,小徐本(《説文解字繫(けい)伝》)という二つの,細部に異同のあるテキストがあるが,徐鍇が音引きに改編した《説文解字篆韻譜》などの便利さによって駆逐され忘れられていった。明末に再発掘されてから以後多くの研究を生んだ。…

※「徐鉉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

徐鉉の関連キーワード江蘇省唐順之陶説揚州八怪劉義慶漢文学南唐江寧揚州画舫録清江(中国江蘇省)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone