徐鉉(読み)じょげん(英語表記)Xu Xuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徐鉉
じょげん
Xu Xuan

[生]貞明2(916)
[没]淳化2(991)
中国,宋の学者,詩人。揚州広陵 (江蘇省) の人。字,鼎臣 (ていしん) 。南唐に仕え翰林学士,御史大夫,吏部尚書などを歴任,のち宋にくだって太宗に仕え,左散騎常侍となった。弟の徐かいとともに言語学者として知られ,合せて「二徐」,また弟の小徐に対し大徐と呼ばれる。北宋初めの雍煕3 (986) 年勅命により『説文解字』を校訂したいわゆる『大徐本』は,それ以後『説文』の標準テキストとされている。詩文にもすぐれ,その詩文集を『徐公文集』または『徐省騎集』という。ほかに伝奇小説集『稽神録』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょげん【徐鉉 Xú Xuàn】

916‐991
中国,南唐・宋の文学者。揚州(江蘇省)の人。字は鼎臣。徐鍇(じよかい)の兄。初め呉,ついで南唐に仕え,翰林学士御史大夫,吏部尚書などを歴任し,南唐滅亡後,宋に召され,太宗に仕えて左散騎常侍となった。弟徐鍇とともに文字の学にくわしく,八分(はつぷん)や小篆(しようてん)をよく書き,世に〈二徐〉と称せられた。兄弟はいずれも漢の許慎の《説文解字》を研究し,兄鉉は986年(雍熙3),勅命を奉じて《説文解字》を校定し,その定本をつくった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の徐鉉の言及

【説文解字】より

…さきに引く〈示〉はこのタイプの文字ではないが,〈示〉を2度繰り返して使うのは,文字の音声面を重視して,〈示〉というときのあの〈示〉なのだといおうとしていると思われる。 完全な本としては宋の徐鉉(じよげん)・徐鍇(かい)の兄弟が別々に校訂した大徐本,小徐本(《説文解字繫(けい)伝》)という二つの,細部に異同のあるテキストがあるが,徐鍇が音引きに改編した《説文解字篆韻譜》などの便利さによって駆逐され忘れられていった。明末に再発掘されてから以後多くの研究を生んだ。…

※「徐鉉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android