翰林学士(読み)かんりんがくし(英語表記)han-lin xue-shi; han-lin hsüeh-shih

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

翰林学士
かんりんがくし
han-lin xue-shi; han-lin hsüeh-shih

中国,唐中期以降,天子に直属した機関翰林院の高官で,詔勅起草にあたった。玄宗時代に諸般の才芸に秀でる者を集めて宮廷アカデミーともいうべき翰林院を充実し,開元 26 (738) 年これを学士院と伎術院に機能分化した。天子に近侍し,宰相や将軍の任免をはじめ,征戦にかかわる詔命を学士が起草したことから,安史の乱以後権力の一中枢となり,憲宗のときに承旨学士を代表とする制度が確立し,内相と呼ばれるにいたった。宋代以降近世にかけては,翰林院は学芸図書の府となり修史や勅撰事業を司り,有為な官人の修学,栄誉機関の性格が一般的となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんりんがくし【翰林学士 hàn lín xué shì】

中国,唐以来存続した官名。天子の秘書であり,また政治の顧問にあずかった。その宮中における出仕の館,翰林学士院は略して翰林院,また学士院と称せられ,雅名翰苑という。翰林学士は初め,書画医卜などの専門家と共に宮中に召され,翰林待詔と呼ばれたが,玄宗の開元26年(738)独立して学士と称せられるようになった。文学の士は天子の詔勅を起草すると同時に,政治上の諮問にあずかるので,天子もまたその選任に意を用い,天下の名士を登用し,自然に上下の尊崇を受けるようになったからである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんりんがくし【翰林学士】

中国で、翰林院の官。主に詔書の起草に当たった。唐・宋代には、ここから宰相となる者も多かった。翰林博士。翰林。
文章博士もんじようはかせの唐名。翰林主人。翰林。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんりん‐がくし【翰林学士】

〘名〙
① 中国、唐代、翰林学士院(翰林院)に属し主として詔勅の起草をつかさどった官。唐・宋代には天子独裁制の支えとして実権を帯び、ここから宰相になるものも多く現われた。翰林主人。翰林博士。翰林。
※太平記(14C後)二四「宋朝の舒王翰林学士(カンりんカクシ)たりし時」 〔事物紀源‐法従清望部・翰林〕
② 文章博士(もんじょうはかせ)の唐名。翰林。
菅家文草(900頃)四「哭翰林学士

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android