コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翰林学士 かんりんがくし han-lin xue-shi; han-lin hsüeh-shih

4件 の用語解説(翰林学士の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

翰林学士
かんりんがくし
han-lin xue-shi; han-lin hsüeh-shih

中国,唐中期以降,天子に直属した機関翰林院の高官で,詔勅の起草にあたった。玄宗時代に諸般の才芸に秀でる者を集めて宮廷アカデミーともいうべき翰林院を充実し,開元 26 (738) 年これを学士院と伎術院に機能分化した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんりん‐がくし【×翰林学士】

中国で、代以降の官名。天子直属の官として翰林院に所属し、主として詔勅の起草をつかさどった。唐・代に、宰相となる者が多かった。翰林博士。
文章博士(もんじょうはかせ)唐名

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かんりんがくし【翰林学士 hàn lín xué shì】

中国,唐以来存続した官名。天子の秘書であり,また政治の顧問にあずかった。その宮中における出仕の館,翰林学士院は略して翰林院,また学士院と称せられ,雅名を翰苑という。翰林学士は初め,書画医卜などの専門家と共に宮中に召され,翰林待詔と呼ばれたが,玄宗の開元26年(738)独立して学士と称せられるようになった。文学の士は天子の詔勅を起草すると同時に,政治上の諮問にあずかるので,天子もまたその選任に意を用い,天下の名士を登用し,自然に上下の尊崇を受けるようになったからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんりんがくし【翰林学士】

中国で、翰林院の官。主に詔書の起草に当たった。唐・宋代には、ここから宰相となる者も多かった。翰林博士。翰林。
文章博士もんじようはかせの唐名。翰林主人。翰林。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

翰林学士の関連キーワード侍中知州都統左史右史梓宮待詔太保

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone