コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

従属変数 じゅうぞくへんすう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

従属変数

プログラミング言語において、演算結果に従って、値が変化する変数

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅうぞく‐へんすう【従属変数】

独立変数の変化に応じて変わる数。関数yfx)においては、変数xのとる値によって定まる変数yをさす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうぞくへんすう【従属変数】

関数 y f x )において、独立変数 x の変化に応じて変わる y をいう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

従属変数
じゅうぞくへんすう
dependent variable

数学用語では,関数 yf(x) において,x を独立変数,yx に対する従属変数といい,計量経済学の用語では,被説明変数ともいう。いくつかの独立な変数により決定される変数のこと。たとえば輸出世界貿易相対価格により決定されるという関数を考えた場合,世界貿易と相対価格を独立変数または説明変数と呼び,輸出を従属変数または被説明変数と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の従属変数の言及

【回帰分析】より

…なんらかの操作や活動の結果を予測したり,その結果の変動を制御したりするための手法で,統計的多変量解析の一つ。操作や活動のデータとそれに対応する結果のデータの組を多数集め,予測の対象とする量(目的変数もしくは従属変数と呼ぶ)の変動を,操作や活動のデータのうちその変動を説明する要因と考えられるデータ(説明変数もしくは独立変数と呼ぶ)によって予測するために,両者の関係を求めることをいう。製鉄所の炉の制御や化学工場での操業条件の決定のための工程解析をはじめ,経済データの分析や予測,心理学や医学など,多くの分野でもっともよく使われる統計的手法である。…

※「従属変数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

従属変数の関連キーワードヘルムホルツの方程式(気象学)ラグランジュの流体運動方程式ポアッソンの方程式(気象)マルチプル・リグレッションマス・コミュニケーション同時方程式と逐次モデルマルチバリエイト分析シグナルフローグラフプログラミング言語リミット・サイクル二段階最小二乗法バリアブルトールマン関数・函数重回帰分析社会変動正接関数回帰分析数値予報複素関数

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android