コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

得能通言 とくのう みちとき

1件 の用語解説(得能通言の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

得能通言 とくのう-みちとき

?-? 南北朝時代の武将。
伊予(いよ)(愛媛県)の人。後醍醐(ごだいご)天皇の隠岐(おき)脱出に呼応し,土居通増(みちます)とともに挙兵,長門(ながと)探題金沢(かねざわ)(北条)時直をやぶる。のち新田義貞(よしさだ)に属して建武(けんむ)3=延元元年(1336)摂津(せっつ)湊川(みなとがわ)(兵庫県)で足利尊氏とたたかって敗れ,北国にのがれる途中,討ち死にしたという。通称は弥三郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone