コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

得能通言 とくのう みちとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

得能通言 とくのう-みちとき

?-? 南北朝時代の武将。
伊予(いよ)(愛媛県)の人。後醍醐(ごだいご)天皇の隠岐(おき)脱出に呼応し,土居通増(みちます)とともに挙兵,長門(ながと)探題金沢(かねざわ)(北条)時直をやぶる。のち新田義貞(よしさだ)に属して建武(けんむ)3=延元元年(1336)摂津(せっつ)湊川(みなとがわ)(兵庫県)で足利尊氏とたたかって敗れ,北国にのがれる途中,討ち死にしたという。通称は弥三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

得能通言の関連キーワード岡倉 秋水南北朝時代

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android