コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土居通増 どい みちます

3件 の用語解説(土居通増の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土居通増 どい-みちます

?-1336 鎌倉-南北朝時代の武将。
伊予(いよ)(愛媛県)の豪族河野氏の支族。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年得能通綱(とくのう-みちつな)らとともに挙兵,隠岐(おき)を脱出した後醍醐(ごだいご)天皇を兵庫にむかえる。南北朝の動乱では新田義貞(よしさだ)にしたがって足利尊氏軍とたたかったが,建武(けんむ)3=延元元年10月11日越前(えちぜん)愛発(あらち)の中山(福井県敦賀市)で戦死。通称は彦九郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

土居通増

没年:建武3/延元1.10.11(1336.11.14)
生年:生年不詳
鎌倉・南北朝時代の武将。土居氏は伊予国(愛媛県)の豪族河野氏の支流で,同国久米郡土居(松山市)を本拠とした。正慶2/元弘3(1333)年に後醍醐天皇方として伊予国で挙兵し,忽那,祝,得能などの諸氏と共に幕府方の守護宇都宮氏,長門探題北条時直と戦う。その後,得能氏と共に上洛して新田義貞軍に属し,建武3/延元1(1336)年2月の摂津国打出浜(兵庫県芦屋市)の戦,同年5月の湊川(神戸市)の戦などで軍功を上げた。同年10月,恒良親王を擁して北陸に下る新田義貞に従ったが,近江(滋賀県)から越前(福井県)に至る山中で斯波高経らの攻撃を受け戦死した。

(山内譲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土居通増
どいみちます
(?―1336)

鎌倉末・南北朝時代初期の武将。通称彦九郎。伊予の豪族河野(こうの)氏の支族で通成(みちなり)の子。伊予権介(いよごんのすけ)、のち備中守(びっちゅうのかみ)に任ず。久米(くめ)郡石井(いしい)郷南土居(松山市)が本拠。『太平記』は「土居二郎(通治(みちはる))」「河野備後守(びんごのかみ)通治」などと載せ、『大日本史』もこれに従って実名通治をとっているが誤り。元弘(げんこう)の変では同族の得能通綱(とくのうみちつな)らとともに討幕に活躍。のち南北朝の対立となると河野氏宗家に反して南朝方につき、湊川(みなとがわ)の戦いにも参加したが、1336年10月、新田義貞(にったよしさだ)の北国落ちに随行する途中、越前(えちぜん)荒乳(あらち)の中山で風雪と敵襲のため戦死した。[杉橋隆夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の土居通増の言及

【河野氏】より

…惣領家の通盛は,最初鎌倉幕府に味方したが,幕府滅亡後は足利尊氏に従った。庶子家の土居通増や得能通綱は南朝方にくみし,新田義貞に従った。この間通盛は足利氏によって伊予の守護に任ぜられ,また拠点を河野郷から温泉郡湯築城(現,松山市道後)に移した。…

※「土居通増」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土居通増の関連キーワード村上水軍伊賀兼長河野通尭佐藤基久土居実行土居通重得能通綱南部政行船田経政松浦定

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone