コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

得能関四郎 とくのう せきしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

得能関四郎 とくのう-せきしろう

1842-1908 幕末-明治時代の剣道家。
天保(てんぽう)13年1月15日生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)沼田藩士。長沼恂郷(まささと)より直心影流免許皆伝をあたえられる。明治15年警視庁武術掛(かかり)。籠手(こて)打ちの名人として知られた。武徳会範士。明治41年7月1日切腹自殺した(原因は不明)。67歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

得能関四郎の関連キーワードゴーゴリポー(Edgar Allan Poe)ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)国木田独歩下水道時代劇光の科学史監獄法国木田独歩グリフィス

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android