免許皆伝(読み)めんきょかいでん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 武術や芸道などで、師匠が弟子に、その道の奥義を残らず伝え、その修了を認めること。
※兎糞録(1913)〈和田垣謙三〉一一九「弓術〈略〉予の師事せる先生は特に予に免許皆伝を授け、その秘伝の書と共に、左に掲ぐる免許状を与へたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

武術や芸道などで、師匠が弟子に、その道の奥義を残らず伝え、その修了を認めること。

[使用例] 十九の年に、免許皆伝を許されると、彼は直ちに報復の旅に上ったのである[菊池寛*恩讐の彼方に|1919]

[使用例] 先生の生前には、なかなか、免許皆伝というわけにはいかず[花田清輝*小説平家|1965~67]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android