コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御供平佶 みとも へいきち

1件 の用語解説(御供平佶の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

御供平佶 みとも-へいきち

1944- 昭和後期-平成時代の歌人。
昭和19年1月1日生まれ。藤岡高卒業後国鉄にはいり,鉄道公安官などをつとめた。奥村晃作の「紫蘇の実」をへて,昭和38年「国民文学」に入会し,松村英一に師事する。49年第1歌集「河岸段丘」で注目され,平成5年「神流川」で日本歌人クラブ賞。職場詠,生活詠に特色がある。群馬県出身。歌集に「冬の稲妻」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

御供平佶の関連キーワード池田純義石田比呂志井上宗雄大島史洋三枝昂之田井安曇友松賢中野照子蒔田さくら子山田富士郎

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone