コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御供平佶 みとも へいきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

御供平佶 みとも-へいきち

1944- 昭和後期-平成時代の歌人。
昭和19年1月1日生まれ。藤岡高卒業後国鉄にはいり,鉄道公安官などをつとめた。奥村晃作の「紫蘇の実」をへて,昭和38年「国民文学」に入会し,松村英一に師事する。49年第1歌集「河岸段丘」で注目され,平成5年「神流川」で日本歌人クラブ賞。職場詠,生活詠に特色がある。群馬県出身。歌集に「冬の稲妻」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

御供平佶の関連キーワードカミュスタージェスもの派レジスタンス文学中国白書鶴沢道八(1世)ギリシア民族解放戦線・人民解放軍エルランデル沖縄戦加藤泰

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android