コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神流川 かんながわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神流川
かんながわ

群馬県南西端部を流れる川。群馬,長野,埼玉3県境の三国山北斜面に源を発し,初め北流し,のち東流して利根川の支流の烏川に注ぐ。全長 87km。流域の大部分は関東山地で,上流部に山中 (さんちゅう) 地溝帯があり,三波川系,御荷鉾 (みかぼ) 系の古い結晶片岩地帯を穿入蛇行する。中流部に多目的ダム下久保ダムがあり,ダムの下流に三波石峡 (名勝・天然記念物) がある。ほぼ流路に沿って十石峠街道が通る。下流部は河岸段丘が発達。川の名には「上流の野栗集落に疫病が流行したとき,御神体の髪を流したことから出た」という伝説がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かんな‐がわ〔‐がは〕【神流川】

群馬県南西部を流れる川。三国山北方に源を発し、利根川支流の烏川(からすがわ)に注ぐ。長さ約77キロ。中流に下久保ダムによる神流湖と三波石(さんばせき)峡がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんながわ【神流川】

群馬・埼玉・長野3県境の三国山の北斜面に源を発し,群馬・埼玉県境付近を北東流して埼玉県上里町,群馬県玉村町の境付近で利根川支流の烏(からす)川に注ぐ川。全長76.9km,流域面積407km2。流路の大部分が関東山地の中生代,古生代の古い地層でおおわれる。上流部はほぼ東西方向の山中(さんちゆう)地溝帯を流れ,中流部には三波石(さんばせき)峡見られる美しい緑色片岩が分布する。三波石峡のすぐ上流に下久保ダム(1967竣工)があり,神流湖をたたえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かんながわ【神流川】

三国山北側に発し、群馬県南端部を流れ利根川支流の烏川に注ぐ、長さ77キロメートルの川。上流に下久保ダムによる神流湖がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県(埼玉県)〕神流川(かんながわ)


群馬県南西部から群馬・埼玉県境を流れる川。1級河川(利根(とね)川水系)。延長87km。関東山地の三国(みくに)山(標高1826m)北麓(ほくろ)に源を発し、東流して埼玉県上里(かみさと)町で利根川支流の烏(からす)川に注ぐ。中流に下久保(しもくぼ)ダム(神流湖)がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神流川
かんながわ

群馬県南西部を流れる川。一級河川。関東山地の三国(みくに)山北方に源を発して北流し、やがて東流に変じ蛇行しつつ多野(たの)郡神流町を過ぎ、埼玉県境を流れて烏(からす)川に合流し、利根(とね)川に注ぐ。延長87.4キロメートル、流域面積407平方キロメートル。昔、上流の野栗(のぐり)集落(上野村)に疫病が流行したとき、御神体の髪を流したことからこの名が出たという伝説がある。流域は古い岩石の長瀞(ながとろ)系、秩父中・古生層および白亜系で、上流に山中(さんちゅう)地溝帯、中流に三波石(さんばせき)峡があり、川沿いの十石峠(じっこくとうげ)街道も難所が多かったが現在は改善された。1967年(昭和42)下久保(しもくぼ)ダムと神流湖ができ、東京の上水源の一つとして脚光を浴びている。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

神流川の関連情報