御判(読み)ごはん

精選版 日本国語大辞典「御判」の解説

ご‐はん【御判】

〘名〙 (「ご」は接頭語)
① ある人を敬って、その印判、書判(かきはん)をいう語。
※吾妻鏡‐寛喜三年(1231)三月一九日「可其飢之田、被聞有倉廩、豊前中務烝奉行之、仲奉書被御判云云」
※曾我物語(南北朝頃)五「朝妻の狩座(かりくら)を末代とどむべしとの御判(ごハン)を申しくだされ、もろともに判形をそへておかれければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android