御前崎遠州灘県立自然公園(読み)おまえざきえんしゅうなだけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御前崎遠州灘県立自然公園
おまえざきえんしゅうなだけんりつしぜんこうえん

静岡県南西部,牧之原台地小笠山丘陵,遠州灘海岸一帯を含む自然公園。面積 17.49km2。 1968年指定。 71年と 76年に菊川,磐田両地区の一部を追加。御前崎灯台岩礁浜岡大砂丘,静波,相良の海水浴場と潮干狩り場のほか,伝説の桜ヶ池,高天神城跡 (史跡) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android