コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜岡 はまおか

2件 の用語解説(浜岡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浜岡
はまおか

静岡県南部,牧之原台地南部から遠州灘に面する地区。旧町名。 1955年池新田町と比木,朝比奈,新野,佐倉の4村が合体して浜岡町が成立。 2004年4月,御前崎町と合併し御前崎市となる。慶長 10 (1605) 年新野池を干拓して成立した新田村が起源。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浜岡
はまおか

静岡県南部、小笠(おがさ)郡にあった旧町名(浜岡町(ちょう))。現在は御前崎(おまえざき)市の中央から西部を占める一地区。1955年(昭和30)池新田(いけしんでん)町と佐倉(さくら)、比木(ひき)、朝比奈(あさひな)、新野(にいの)の4村が合併して浜岡町と改称。2004年(平成16)御前崎町と合併、市制施行して御前崎市となる。旧浜岡町は、遠州灘(えんしゅうなだ)に臨む農業の町で、国道150号が通じる。北部には茶園が広がり、南の遠州灘沿いには砂丘が発達し、メロン、ネギ、サツマイモなどの施設園芸が盛ん。1976年中部電力浜岡原子力発電所が営業運転を開始した。桜ヶ池のお櫃(ひつ)納めは奇祭として有名。[川崎文昭]
『『浜岡町史』(1975・浜岡町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浜岡の関連キーワード牧之原台地牧之原静岡県牧之原市大江小笠〈町〉静岡県牧之原市男神静岡県牧之原市勝田静岡県牧之原市嶋静岡県牧之原市中静岡県牧之原市西萩間静岡県牧之原市牧之原

浜岡の関連情報