御前崎(読み)おまえざき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御前崎
おまえざき

静岡県南部,遠州灘駿河湾に臨む地区。旧町名。 1955年御前崎村と白羽村が合体して町制。 2004年4月,浜岡町と合併し御前崎市となる。標高約 40mの隆起海食台地で,台地の南側には遠州灘海岸から続く砂丘列があり,岬端部は海食崖の下に広い平磯 (波食台) がある。中心集落の御前崎は,明治初期からカツオ釣漁の根拠地であったが,現在はマグロ延縄漁船を中心に,焼津に次ぐ遠洋漁業基地となっている。自然条件からみて良とはいえなかったが,1959年,岬の北側に大防波堤が築かれて避難港が完成した。現在,遠洋漁業のほか,大井川の砂利積み出しや木材 (外材) 移入による貯木場などの諸施設が整えられている。台地上では畑作中心の農業が営まれ,野菜,温室メロンなどを産する。 1975年以降,ホテルや国民宿舎ができ観光地としても発展。白羽の風食礫産地,ウミガメおよびその産卵地は天然記念物。遠州灘沿いの海岸は御前崎遠州灘県立自然公園に属する。

御前崎
おまえざき

静岡県南部,御前崎市にあり,遠州灘に突出した岬。標高 40m前後の隆起海食台地からなる。台地の基盤である新第三紀層泥岩の上に厚さ約 6mの白羽礫層と呼ばれる円礫層が堆積し,東西に延びる細長い砂丘列がある。先端灯台付近の海食崖の下には,広い平磯(波食台),沖合いに御前崎岩礁がある。台地の西傾斜面は冬の強い西風による風食礫である三稜石があり,国の天然記念物に指定されている。御前崎遠州灘県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おまえざき【御前崎】

静岡県最南端,榛原(はいばら)郡御前崎町にある岬。駿河湾南西に突出して遠州灘とを分ける。一帯は標高約40mの隆起海食台で基盤は新第三系の相良層群からなり,表面には白羽礫層(しろわれきそう)とよばれる風食礫(三稜石)をのせ,周囲は急崖で限られる。白羽の風食礫は1943年天然記念物に指定された。海岸に沿って形成された波食台は地震の際の隆起運動を示し,台地面の断層地形は変動の跡を示す。沖合には沖御前岩礁があり,大陸棚が広く発達している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おまえざき【御前崎】

静岡県中南部、駿河湾と遠州灘を分ける岬。付近一帯は海抜40メートルの隆起海食台。
静岡県中南部、遠州灘に臨む市。浜岡砂丘が発達。北部の牧原では茶を栽培。御前崎港は沿岸漁業の根拠地。浜岡原子力発電所がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕御前崎(おまえざき)


静岡県南部、太平洋に突き出た岬。高さ30~40mの隆起海食台が駿河(するが)湾と遠州灘(えんしゅうなだ)を分ける。沖合は御前岩など岩礁が多く、古くから知られた海の難所。御前埼(さき)灯台は全国15ヵ所の参観灯台の一つで見学できる。岬付近は潮干狩り・釣り・サーフィンなどの行楽客でにぎわう。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御前崎の関連情報