コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧之原台地 まきのはらだいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牧之原台地
まきのはらだいち

静岡県南部,大井川下流と菊川との間に位置する洪積台地。面積約 150km2新第三紀層の上に薄く洪積層が覆っており,浸食によって樹枝状に開析されている。島田市南西部の集落金谷の北西部が最も標高が高く約 300m。江戸中期頃畑作中心の出作的な開拓村(鬼女新田)が存在した。本格的な開発は明治初期からで,旧幕臣や失職した職人への授産事業による。チャ(茶)の栽培に向けた開墾が進み,日本最大級の茶園となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の牧之原台地の言及

【福山[町]】より

…鹿児島湾の湾奥東部に位置する。急傾斜地の迫る海岸部と,その背後に広がる標高300~400mの牧之原台地からなる。海岸沿いに国道220号線が通り,中央を国道10号線が横断する。…

※「牧之原台地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

牧之原台地の関連キーワード御前崎遠州灘県立自然公園静岡県牧之原市静岡県島田市牧之原(市)静岡県菊川市福山[町]小笠〈町〉牧之原市御前崎市信州街道静岡茶菊川市牧之原相良榛原浜岡

牧之原台地の関連情報