コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御名部皇女 みなべのおうじょ

2件 の用語解説(御名部皇女の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

御名部皇女 みなべのおうじょ

?-? 飛鳥(あすか)時代,天智(てんじ)天皇の皇女。
母は蘇我姪娘(そがの-めいのいらつめ)。高市(たけちの)皇子の妃となり,長屋王を生む。「万葉集」巻1に,和銅元年(708)同母妹元明天皇の歌にこたえた1首がある。
【格言など】わご大君物な思ほし皇神(すめかみ)のつぎて賜へるわれ無けなくに(「万葉集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

御名部皇女

生年:生没年不詳
7世紀後半の皇女。父は天智天皇,母は蘇我倉山田石川麻呂の娘姪娘。元明天皇の同母姉に当たる。高市皇子(異母兄)の妃。長屋王の母とみられ,天武13(684)年出産。のち鈴鹿王もか。慶雲1(704)年に封100戸を加増されているが,長屋王の叙位に関連したものか。和銅1(708)年,妹元明天皇の不安をなだめるような歌を詠んでいる。斉明4(658)年ごろの生まれで,父が南部(和歌山県南部町)で保養していたことにちなむ名とする説がある。

(児島恭子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御名部皇女の関連キーワード磐隈皇女大田皇女春日皇子蘇我姪娘蘇我安麻呂舎人皇女新田部皇女常陸娘宅部皇子山辺皇女

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone