皇神(読み)スベガミ

デジタル大辞泉の解説

すべ‐がみ【皇神】

すめかみ」に同じ。
「―の御手(みて)にとられてなづさはましを」〈拾遺神楽歌

すべら‐がみ【皇神】

すめかみ」に同じ。
「たきつ瀬に木綿(ゆふ)かけ祈る―今日のなごしに岩戸あくらん」〈夫木・九〉

すめ‐かみ【皇神】

《「すめがみ」とも》
神を敬っていう語。すべかみ。
「山科の石田(いはた)の社(もり)の―に幣(ぬさ)取り向けて」〈・三二三六〉
皇室の祖先である神。皇祖の神。すべかみ。
「そらみつ大和(やまと)の国は―の厳(いつく)しき国」〈・八九四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すべがみ【皇神】

皇室の祖先の神や天皇の尊称。すめがみ。 「 -の御手に取られて、なづさはましを/神楽歌」

すべらがみ【皇神】

すめかみ(皇神)」に同じ。 「内侍所に、-となむおはします/更級」

すめかみ【皇神】

〔「すめがみ」とも〕
神を尊敬していう語。 「住吉すみのえの我が-に幣ぬさ奉り/万葉集 4408
皇室の祖先の神を尊敬していう語。皇祖神。 「我が大君ものな思ほし-の継ぎて賜へる我がなけなくに/万葉集 77

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android