コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇神 スベガミ

6件 の用語解説(皇神の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すべ‐がみ【皇神】

すめかみ」に同じ。
「―の御手(みて)にとられてなづさはましを」〈拾遺・神楽歌〉

すべら‐がみ【皇神】

すめかみ」に同じ。
「たきつ瀬に木綿(ゆふ)かけ祈る―今日のなごしに岩戸あくらん」〈夫木・九〉

すめ‐かみ【皇神】

《「すめがみ」とも》
神を敬っていう語。すべかみ。
「山科の石田(いはた)の社(もり)の―に幣(ぬさ)取り向けて」〈・三二三六〉
皇室の祖先である神。皇祖の神。すべかみ。
「そらみつ大和(やまと)の国は―の厳(いつく)しき国」〈・八九四〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すべがみ【皇神】

皇室の祖先の神や天皇の尊称。すめがみ。 「 -の御手に取られて、なづさはましを/神楽歌」

すべらがみ【皇神】

すめかみ(皇神) 」に同じ。 「内侍所に、-となむおはします/更級」

すめかみ【皇神】

〔「すめがみ」とも〕
神を尊敬していう語。 「住吉すみのえの我が-に幣ぬさ奉り/万葉集 4408
皇室の祖先の神を尊敬していう語。皇祖神。 「我が大君ものな思ほし-の継ぎて賜へる我がなけなくに/万葉集 77

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

皇神の関連キーワード姉貴御鏡御目御服尊体太公府君老師老大人若旦那

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone