皇神(読み)スベガミ

デジタル大辞泉の解説

すべ‐がみ【皇神】

すめかみ」に同じ。
「―の御手(みて)にとられてなづさはましを」〈拾遺神楽歌

すべら‐がみ【皇神】

すめかみ」に同じ。
「たきつ瀬に木綿(ゆふ)かけ祈る―今日のなごしに岩戸あくらん」〈夫木・九〉

すめ‐かみ【皇神】

《「すめがみ」とも》
神を敬っていう語。すべかみ。
「山科の石田(いはた)の社(もり)の―に幣(ぬさ)取り向けて」〈・三二三六〉
皇室の祖先である神。皇祖の神。すべかみ。
「そらみつ大和(やまと)の国は―の厳(いつく)しき国」〈・八九四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すべがみ【皇神】

皇室の祖先の神や天皇の尊称。すめがみ。 「 -の御手に取られて、なづさはましを/神楽歌」

すべらがみ【皇神】

すめかみ(皇神)」に同じ。 「内侍所に、-となむおはします/更級」

すめかみ【皇神】

〔「すめがみ」とも〕
神を尊敬していう語。 「住吉すみのえの我が-に幣ぬさ奉り/万葉集 4408
皇室の祖先の神を尊敬していう語。皇祖神。 「我が大君ものな思ほし-の継ぎて賜へる我がなけなくに/万葉集 77

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すべ‐がみ【皇神】

※神楽歌(9C後)明星「〈本〉須戸加美(スベガミ)は よき日祭りつ 明日よりは 八百万代を 祈るばかりぞ」

すべら‐がみ【皇神】

更級日記(1059頃)「さては内侍所に、すべら神となむおはします」

すめ‐かみ【皇神】

〘名〙 (「すめがみ」とも)
① 一定の区域を支配する神。各地に鎮座している神々。転じて、一般の神。すべがみ。
※出雲風土記(733)楯縫「仍りて、今に至るまで、楯・桙を造りて、(すめかみ)等に奉る」
② 皇室の祖先に当たる神。
※万葉(8C後)一・七七「吾大王(おほきみ)物な思ほし須売神(スメかみ)の嗣ぎて賜へる吾無けなくに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android