コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御命講 オメイコウ

大辞林 第三版の解説

おめいこう【御命講】

会式えしき 」に同じ。 [季] 秋。 《 菊鶏頭きり尽しけり- /芭蕉 》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の御命講の言及

【御会式】より

…日蓮宗の各寺において,日蓮の忌日(10月13日)に営まれる,宗祖報恩のための法会をいう。御影供(みえいく),御影講(みえいこう)ともいうが,とくに〈御命講(おめいこう)〉(大御影供がなまってオメイクとなる)と称して,弘法大師忌の御影供と区別している。日蓮入寂の地である東京都大田区池上の本門寺と,杉並区堀ノ内の妙法寺の御会式はもっとも盛んである。…

※「御命講」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御命講の関連キーワード万灯・万燈御会式しをり会式小枕

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android