御園生 翁甫(読み)ミソノウ オウスケ

20世紀日本人名事典「御園生 翁甫」の解説

御園生 翁甫
ミソノウ オウスケ

大正・昭和期の郷土史家 防長史談会理事;山口県地方史学会会長。



生年
明治8年11月8日(1875年)

没年
昭和42(1967)年3月7日

出生地
山口県佐波郡植松村(現・防府市)

旧姓(旧名)
原田

学歴〔年〕
東京工手学校造船学科〔明治33年〕

経歴
逓信省に入り、地方の海務署勤務などを経て、大正8年広島逓信局海事部三津浜出張所長、13年退官。以後故郷で防長史研究に従事。昭和4年防長史談会を創立理事。28年山口県地方史学会を設立、会長著書に「防長地名淵鑑」「防長造紙史研究」「防長神楽の研究」「大内氏史研究」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android