御土砂を掛ける(読み)おどしゃをかける

精選版 日本国語大辞典「御土砂を掛ける」の解説

おどしゃ【御土砂】 を 掛(か)ける

(御土砂をかけると死体の硬直がなおるといところから)
① お世辞を言うなどして相手の心をやわらげる。
多情仏心(1922‐23)〈里見弴〉病気見舞「まァさ、さう云ってお土砂(ドシャ)をかけられたら、すなほに、成程それもさうだ、と思ふやうでなくっちァ…」
② 生き返る。再び活気を帯びる。
魔都(1937‐38)〈久生十蘭〉三九「争はこれでいっぺんに、お土砂をかけられたやうになる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「御土砂を掛ける」の解説

御土砂おどしゃ・ける

《御土砂を掛けると、硬直した死体も和らぐというところから》お世辞を言うなどして相手の心を和らげる。おべっかを使う。→御土砂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android