御座直し(読み)ゴザナオシ

デジタル大辞泉の解説

ござ‐なおし〔‐なほし〕【御座直し】

謁見のときに主君が自らの座を移して、相手に敬意を表すこと。
「―の侍、御目見得の時、君の御座を直し給ふは臣下の面目也」〈松屋筆記
《御寝所を整える女の意から》めかけ。
「この奉公に出る女をめかけ、てかけとも、又は莚敷(むしろしき)、―とも異名あり」〈浮・好色床談義・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる