コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御座直し ゴザナオシ

デジタル大辞泉の解説

ござ‐なおし〔‐なほし〕【御座直し】

謁見のときに主君が自らの座を移して、相手に敬意を表すこと。
「―の侍、御目見得の時、君の御座を直し給ふは臣下の面目也」〈松屋筆記
《御寝所を整える女の意から》めかけ。
「この奉公に出る女をめかけ、てかけとも、又は莚敷(むしろしき)、―とも異名あり」〈浮・好色床談義・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ござなおし【御座直し】

謁見の際、主君がその人に敬意を表して座を直すこと。
近世、妾めかけ・囲い者のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御座直しの関連キーワード御目見得囲い者主君謁見近世

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android