御庫秘事(読み)おくらひじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御庫秘事
おくらひじ

浄土真宗の異安心 (いあんじん) の一種で秘事法門の代表的なもの。土蔵秘事,御庫門徒,布団被り,内証講,御杓子講,隠念仏 (かくしねんぶつ) などともいわれる。土蔵の中で弥陀本身を拝し,在野宿善のもののみに,親鸞が特にその子善鸞に伝えたという深義を説くとされ,名古屋一帯を中心に関東でも行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android