コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御所丸 ゴショマル

デジタル大辞泉の解説

ごしょ‐まる【御所丸】

高麗(こうらい)茶碗の一。初め島津義弘が御用船の御所丸で持ち帰ったところからの名で、慶長(1596~1615)のころ日本からの注文で作られたといわれる。特に黒い刷毛目(はけめ)文のものは茶人に珍重された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

御所丸の関連キーワード高麗茶碗釜山窯高麗

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android