御用箱(読み)ごようばこ

精選版 日本国語大辞典「御用箱」の解説

ごよう‐ばこ【御用箱】

〘名〙 江戸時代、幕府諸大名などの用務に関する文書あるいは金品の類を納め、道中を持ち運ぶ木箱。蓋(ふた)の表面に「御用」と書いてある。
※俳諧・坂東太郎(1679)夏「御用箱ちまたの葵茂りけり〈才丸〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「御用箱」の解説

ごよう‐ばこ【御用箱】

江戸時代、幕府・諸大名が道中の際に用務に関する文書や金品を入れて運んだ箱。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる