コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御目見以上 オメミエイジョウ

大辞林 第三版の解説

おめみえいじょう【御目見以上】

江戸時代、徳川将軍直参の武士のうち、将軍に謁見する資格のあるもの。旗本。目見得以上。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の御目見以上の言及

【御目見】より

…また,これが転じて武士の格式を表した。幕府では将軍に謁見できるか否かで御目見以上(大名・旗本),御目見以下(御家人)の区別がある。藩では中小姓以上(侍)を御目見以上とした。…

【旗本】より

…原義は軍陣で主将旗のある所(本陣)の意であるが,転じて主将の旗下にある直属の近衛兵をいう。江戸時代には,将軍の直属家臣である大名・旗本・御家人のうち,旗本は知行高1万石以下で将軍に謁見できる御目見(おめみえ)以上の格式の者を称した。旗本と御目見以下の家臣である御家人とを総称して直参(じきさん)または幕臣といった。…

※「御目見以上」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御目見以上の関連キーワード目見得以上小十人組江戸時代吟味筋小普請勝小吉書院番奥女中御目見牢屋布衣

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android