コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御目見以下 オメミエイカ

大辞林 第三版の解説

おめみえいか【御目見以下】

江戸時代、徳川将軍直参の武士のうち、将軍に謁見する資格のないもの。御家人ごけにん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の御目見以下の言及

【御目見】より

…また,これが転じて武士の格式を表した。幕府では将軍に謁見できるか否かで御目見以上(大名・旗本),御目見以下(御家人)の区別がある。藩では中小姓以上(侍)を御目見以上とした。…

※「御目見以下」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御目見以下の関連キーワード江戸時代御庭番船手組百人組徒士組小普請書院番茶坊主奥女中御目見根来組先手組大奥黒鍬坊主牢屋中間六尺徒士吏徴

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android