コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直参 じきさん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直参
じきさん

江戸幕府の旗本御家人の総称。戦国時代からすでに,武将に接に仕える武士を直の者,直参などと呼んだが,江戸時代には将軍に直属して1万石以下の知行地もしくは蔵米を受けた家柄だけをさし,その数は江戸時代中期で2万 2500人余であった。御三家の家臣も,直参に準じて扱われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

直参【じきさん】

直臣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

じきさん【直参】

主君に直接仕えること。また、その人。 ↔ 陪臣ばいしん
江戸時代、将軍直属の武士で、一万石以下の者。旗本・御家人の総称。幕臣。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

直参
じきさん

江戸時代、幕府の旗本(はたもと)・御家人(ごけにん)の総称。大名の家臣である陪臣(ばいしん)に対することばとして使われた。彼らは将軍直属の家臣として勤仕するとともに、その軍事的な基盤となった。このため陪臣に対しては格式の高さを誇った。その総数は享保(きょうほう)期(1716~36)で旗本5206人、御家人1万7304人である。新参・今参といった用法からも明らかなように、直参の参は奉公にあがることや宮仕えすることを意味し、本来は幕臣の総称ではなく、無役以外の役付きの旗本・御家人の総称として使われたものである。ほかに同じ意味で「昵懇(じっこん)の者(衆)」という用法もあった。その始まりは新しく室町期以降のことであろう。幕府は江戸時代初頭には幕臣一般の総称として旗本の用語を使用していたが、やがて旗本と御家人を分ける風が定着するとともに直参の用語が旗本の用語にとってかわったと推定される。[佐々悦久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の直参の言及

【旗本】より

…江戸時代には,将軍の直属家臣である大名・旗本・御家人のうち,旗本は知行高1万石以下で将軍に謁見できる御目見(おめみえ)以上の格式の者を称した。旗本と御目見以下の家臣である御家人とを総称して直参(じきさん)または幕臣といった。ただし,同じく1万石以下の直臣ではあるが,名家の子孫で幕府の儀礼をつかさどる高家(こうけ)と参勤交代の義務をもつ交代寄合は別格であり,老中支配に属した。…

※「直参」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

直参の関連キーワードジョン(中濱)万次郎(1827~98)五明楼 玉輔(4代目)桂文治(4世)勅・捗・敕・直早乙女主水之介旗本退屈男御目見以下御目見以上池田 忠雄中浜万次郎鳥文斎栄之岩野泡鳴承応事件井上長政松井康之松浦信辰諸士法度松平近正久松風陽小普請

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

直参の関連情報