コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御貸付金 おかしつけきん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御貸付金
おかしつけきん

江戸幕府が武士,町人,農民に対して行なった融資。大名,旗本に対するものは拝借金と呼ばれて区別された。町奉行 (→江戸町奉行 ) ,勘定奉行遠国奉行,遠国代官が管理し,武士,町人には利付きであったが,農民に対しては,無利息年賦返済の夫食 (ふじき) ,種貸し,農具代などと,利付きの各種助成金があった。元金は幕府資金と町人差出しの資金があてられた。諸藩にも類似の制度があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の御貸付金の言及

【貸付金】より

…江戸幕府が大名,旗本,町人,農民などに利子をとって貸し出した公金のこと。貸付銀ともいい,正しくは御貸付金という。〈貸付金〉は利殖を目的としているが,幕府貸出金のうちには,このほか幕府が純粋に救済を目的として恩貸した〈拝借金〉と,不時の立替えを幕府が行う〈立替金〉とがあった。…

※「御貸付金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御貸付金の関連キーワード貸付金

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android