コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

復性書 ふくせいしょ Fù xìng shū

1件 の用語解説(復性書の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふくせいしょ【復性書 Fù xìng shū】

韓愈の弟子である唐の李翺(りこう)(772‐841)の著した論文。その文集《李文公文集》所収。彼はここで,“情”(喜,怒,哀,懼(おそれ),愛,悪(にくしみ),欲などの感情)の動きは“性”(善なる本性)の発現をくらませる元凶であるから,心を〈寂然として動かざる〉状態に保ち“性”に復帰することが聖人に至る道だと説いた。彼のこの主張は,その異端排斥や《孟子》《中庸》《大学》《易経》の尊重とともに,次の宋代の道学(新たによみがえった儒教)に大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の復性書の言及

【復性説】より

…復性説はそれを人間性のレベルで説いたもので,心が情として動く以前の静かな状態(性)に復帰することによって心の安定と人格の完成をめざそうとする。その萌芽はすでに《礼記(らいき)》楽記篇に〈人生まれて静かなるは天の性なり,物に感じて動くは性の欲なり〉と表明されているが,これを理論的に整備したのは唐の李翺(りこう)の《復性書》であり,彼の説は宋代の新儒教(道学)に継承される。【三浦 国雄】。…

【李翺】より

…官僚としては中書舎人などを歴任するが,さらに顕官を望んで得られず,山南東道節度使在職中に卒し,文と諡(おくりな)された。代表作は《復性書》で,儒教思想史あるいは唐代思想史上の重要文献。ほかに《論語筆解》《五木経》の著があり,《李文公集》18巻が伝わる。…

※「復性書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

復性書の関連キーワード万里虎関韓愈後梁槐安国高祖四部の弟子晩唐仏弟子酉井乗光柳江

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone