コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

復性説 ふくせいせつ Fu-xing-shuo

2件 の用語解説(復性説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

復性説
ふくせいせつ
Fu-xing-shuo

中国の倫理説の一つ。人間の本性は,本来至善なものであるが,情欲に覆われてその本来の性を失っているとし,情欲による妨害を除いて本来の至善なる性を回復しようとするもの。もと『荘子』に現れた道家の説であるが,唐の李翺などによって儒家の理論として再構成され,宋学に受け継がれてその中心的理論の一つとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふくせいせつ【復性説 Fù xìng shuō】

中国思想において,自己の本性に復帰することを主張する学説。人間とその歴史は時間の進行とともに堕落するとし,前進より復帰をよしとするのは中国思想に通有の傾向である。儒教には根強い尚古思想があり《易》にも〈復〉の卦(か)があるし,《老子》はしばしば根源(道)への復帰を説き(第16章の〈復命〉など),また《荘子》にも〈復初〉の思想がある(繕性篇など)。復性説はそれを人間性のレベルで説いたもので,心が情として動く以前の静かな状態(性)に復帰することによって心の安定と人格の完成をめざそうとする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

復性説の関連キーワード観心自己疎外自己矛盾中国思想公(中国思想)《固有の原理からみた自然の本性について》《事物の本性について》性(中国思想)二王(中国思想)文(中国思想)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone