コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

復性説 ふくせいせつFu-xing-shuo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

復性説
ふくせいせつ
Fu-xing-shuo

中国の倫理説の一つ。人間の本性は,本来至善なものであるが,情欲に覆われてその本来の性を失っているとし,情欲による妨害を除いて本来の至善なる性を回復しようとするもの。もと『荘子』に現れた道家の説であるが,唐の李翺などによって儒家理論として再構成され,宋学に受け継がれてその中心的理論の一つとなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくせいせつ【復性説 Fù xìng shuō】

中国思想において,自己の本性に復帰することを主張する学説。人間とその歴史は時間の進行とともに堕落するとし,前進より復帰をよしとするのは中国思想通有の傾向である。儒教には根強い尚古思想があり《易》にも〈復〉の卦(か)があるし,《老子》はしばしば根源(道)への復帰を説き(第16章の〈復命〉など),また《荘子》にも〈復初〉の思想がある(繕性篇など)。復性説はそれを人間性のレベルで説いたもので,心が情として動く以前の静かな状態(性)に復帰することによって心の安定と人格の完成をめざそうとする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android