コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

復配 ふくはい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

復配

無配を続けてきた企業が、配当を再開すること、「有配」にすること。企業は年間の事業活動の結果として得られた利益を、配当金の原資としている。企業業績が低迷し、利益が出なかった場合、配当金の原資を捻出できないことから、その年の配当を見送るケースがある。これを「無配」というが、その後、企業業績が徐々に好転し、利益が出せるようになると、再び配当を実施する。これを「復配」と呼ぶ。無配株となると、企業業績の先行き不透明感から株価は低迷する場合が多いが、復配に転じると、企業業績の回復を織り込むかたちで、徐々に株価も上昇傾向をたどるのが一般的。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふく‐はい【復配】

[名](スル)配当を復活すること。主に株式の配当にいう。「業績の回復に伴い復配する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふくはい【復配】

( 名 ) スル
配当を復活すること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

復配の関連情報