コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

循環定理(ケルヴィン) circulation theorem(Kelvin)

法則の辞典の解説

循環定理【circulation theorem(Kelvin)】

運動をしている流体の中に,向きをもった閉曲線 C を考える.この線素を dS として,C 上の各点における流速の C 方向の成分を vs としたとき,

で定義される量を,C に沿っての循環という.完全流体が,密度が圧力だけの関数であるような状態変化を伴いながら保存力場の中で運動するときには,流体の実質部分に固定してとった閉曲線に沿っての循環は時間的に不変となる.ケルヴィン‐ヘルムホルツの循環定理*ともいう.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

循環定理(ケルヴィン)の関連キーワードビャークネス(Vilhelm Friman Koren Bjerknes)ヴィルヘルム・フリーマン・コーレン ビェルクネスケルヴィンの循環保存定理ビヤークネス流体力学循環定理循環

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android