コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

循環定理 じゅんかんていりcirculation theorem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

循環定理
じゅんかんていり
circulation theorem

流れの中の任意の閉曲線に沿って,速度ベクトルの接線成分を一周積分したものを,その曲線についての循環という。完全流体中を流体とともに動く閉曲線についての循環は不変であることが証明できる。これをケルビンの循環定理という。この定理はストークスの回転定理を用いると,ヘルムホルツ定理と同じ内容であることが示される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

循環定理の関連キーワードビャークネス(Vilhelm Friman Koren Bjerknes)ヴィルヘルム・フリーマン・コーレン ビェルクネスケルヴィンの循環保存定理循環定理(ケルヴィン)ビヤークネスストークス流体力学

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android