コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微細脳損傷 びさいのうそんしょう

2件 の用語解説(微細脳損傷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

微細脳損傷
びさいのうそんしょう

学習障害」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

微細脳損傷
びさいのうそんしょう
minimal brain damage

微細な脳損傷によると考えられる行動異常をいう。1947年に初めて記載され、59年以来、出生前後の軽い脳損傷によっておこるものと推定して微細脳損傷とよばれてきたが、脳損傷という語感が致命的な印象を与えること、また特定の脳損傷に基づく疾患と紛らわしいことなどの理由から、むしろ脳の機能障害に注目して、1960年代ころからは微細脳障害あるいは微細脳障害症候群とよばれるようになった。また、その後も定義の変更を繰り返し、近年ではADD(注意欠陥障害)、ADHD注意欠陥多動性障害)とよばれる。[山口規容子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の微細脳損傷の言及

【アンフェタミン】より

…35年に初めて臨床で使われ,ナルコレプシー(発作的眠り病)に効いた。やせ薬や,子どもの多動症(微細脳損傷,MBD)を抑える薬としても使われるが,鬱(うつ)病には効かない。連用すると精神分裂症に似た症状をひきおこす。…

※「微細脳損傷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone