コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学習障害 がくしゅうしょうがい learning disabilities

8件 の用語解説(学習障害の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

学習障害
がくしゅうしょうがい
learning disabilities

知能は正常でありながら,聞く,話す,読む,書く,計算するなどの能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す障害。LDともいう。認知,概念化,言語,記銘,注意の集中,衝動の抑制などが困難で,落ち着きに欠ける(多動性)ことが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

学習障害

聞く、話す、読む、書く、計算する、推論するなど、特定の能力に問題があり、その背景として脳の機能障害があると推測される。指導は個々の状態に応じた工夫が大切。例えば、聴覚性の情報処理が苦手な子供には、口頭だけでなく文字に書いて視覚的な手がかりを与えて教える。

(田中信市 東京国際大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

学習障害

発達障害の一つで、全般的には知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算するなどの能力のうち、特定の分野の習得や使用に困難を抱える。中枢神経系の機能障害が原因とみられ、環境的な要因は直接影響しないとされる。文部科学省2012年に全国の公立小中学校を対象に調査したところ通常学級に在籍する子どものうち、学習障害とみられる子どもは4.5%いた。

(2014-03-08 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

がくしゅう‐しょうがい〔ガクシフシヤウガイ〕【学習障害】

字を書く・読む、話す・聞く、計算することなどのどれかの習得、使用に目立った障害があることをいう。ラーニングディスアビリティー。LD(learning disability)。限局性学習症SLD:specific learning disorder)。
[補説]平成11年(1999)文部省(現文部科学省)が、「学習障害とは、基本的には全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する、または推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々な状態を指すものである。学習障害は、その原因として、中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されるが、視覚障害聴覚障害知的障害情緒障害などの障害や、環境的な要因が直接の原因となるものではない」と定義している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

学習障害【がくしゅうしょうがい】

知能は平均またはそれ以上あるが,特定の技能や知識を習得,保持,または一般化できないこと。英語でlearning disorderということから,この障害をもつ子どもをLD児という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

家庭医学館の解説

がくしゅうしょうがい【学習障害】

 その子どもの年齢や受けてきた教育の程度、全体の知能程度に比べて、「書く」能力あるいは「読む」能力、または算数能力がとびぬけて低いものをいいます。
 感覚器の障害がある場合でも、その能力が、予想されるより強く障害されていることがあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

大辞林 第三版の解説

がくしゅうしょうがい【学習障害】

全般的な知能の水準や身体機能に障害は見られないが、読み書き・計算や注意の集中といった能力に欠けるために学習が困難な状態。ラーニング-ディスアビリティー。 LD 。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

学習障害
がくしゅうしょうがい
learning disorderslearning disabilities

発達障害の一つで、知的発達の遅れは認められず、聞く、話す、読む、書く、計算する、推論するといった特定の能力や技能を習得し使用することに困難を示す状態。LDと略される。学齢期になってから顕在化することが多い。アメリカ精神医学会の「精神疾患の診断と統計の手引き 第5版」(DSM-5)では、「神経発達障害」というカテゴリーのなかに限局性学習症(障害)specific learning disorderとして記載されている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

学習障害の関連キーワード集計言語障害鉛槧算する算筆枕腕二別筆算見取り算懸腕

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

学習障害の関連情報