コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍び シノビ

デジタル大辞泉の解説

しのび【忍び】

隠れたりして、人目を避けること。人に知られないように、ひそかに物事をすること。→お忍び
がまんすること。こらえること。
忍び歩き」に同じ。
忍びの術」の略。
忍びの者」の略。
こそどろ。窃盗。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しのび【忍び】

〔動詞「忍ぶ」の連用形から〕
人に気付かれないように、ひそかに行うこと。 「人を-にあひ知りて、あひがたくありければ/古今 恋四詞
「忍び歩き」の略。 「お-」
忍術。また、忍者。 「 -の術」 「 -の者」
窃盗。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の忍びの言及

【足軽】より

…もと足軽にすばやく行動する者の意。平安末期の《平家物語》や南北朝期の《太平記》に散見する足軽は,戦いに先立ち敵方の市中に放火してまわる〈足かる共〉や,犬を使い暗闇に働き,夜半に“歩立(かちだち)”で敵城に忍び入る〈足軽ノ兵〉など,いずれも戦場の裏面で放火・忍びなど敵背のかく乱工作に従うゲリラ集団として描かれている。しかしその多くは訓練された特殊部隊ではなく,その戦場に詳しい〈案内知タル兵〉とされるように,地元の宿・村から集められた悪党的な傭兵であった。…

【忍術】より

…兵法上の源流は,中国の《孫子》にあり,その〈用間篇〉に述べられている。兵法が中国から日本に伝わって独特の発達をし,間(かん)(調査とか謀略の意味)を用いる術,すなわち忍びの術を特別に修行する忍術が生まれ,これを行う者を忍者といった。忍者は特殊な階級として地域的に集団化した。…

※「忍び」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

忍びの関連キーワード目も当てられない泣き合う・泣合う見るに堪えない世の聞こえ御忍び駕籠忍び目付羽が利く物聞こゆ忍び頭巾方違へ所忍び込む出合ひ妻思ひ憚る隠ろへ事御忍び通ひ男草屈り居空き忍び夫一間所

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忍びの関連情報