徳俵(読み)とくだわら

  • とくだわら ‥だはら
  • とくだわら〔だはら〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土俵上,20のうち,東西南北中央に埋めてある俵のこと。普通の俵より俵の分だけ外側にずらしてある。ほかの俵だと踏み切って負けになるときでも,ここなら残ることがあるので「徳俵」の名が生まれた。かつて野天相撲の頃,雨水を流し出すために取りはずしてあった俵の名残りだという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

とっさの日本語便利帳の解説

土俵は二〇俵から成り、そのうち東西南北で一俵ずつ外側にずらして埋められている。ここで足が残るために、こう呼ばれる。本来、野外相撲時代の雨水の吐き出し口だった。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 相撲の土俵場の東西南北の中央に、俵の幅だけずらしておいてある俵。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳俵の関連情報