徳俵(読み)とくだわら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳俵
とくだわら

土俵上,20のうち,東西南北中央に埋めてある俵のこと。普通の俵より俵の分だけ外側にずらしてある。ほかの俵だと踏み切って負けになるときでも,ここなら残ることがあるので「徳俵」の名が生まれた。かつて野天相撲の頃,雨水を流し出すために取りはずしてあった俵の名残りだという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とく‐だわら〔‐だはら〕【徳俵】

相撲の土俵で、東西南北の中央に切れ目を作り、円の外側に一俵ずつ、ずらして置いてある俵。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

徳俵

土俵は二〇俵から成り、そのうち東西南北で一俵ずつ外側にずらして埋められている。ここで足が残るために、こう呼ばれる。本来、野外相撲時代の雨水の吐き出し口だった。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

とくだわら【徳俵】

相撲の土俵の四方中央に、俵の幅だけ外側にずらせて置いてある俵。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳俵の関連情報