コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳利蜂 トックリバチ

デジタル大辞泉の解説

とっくり‐ばち【徳利蜂】

ドロバチ科の昆虫。中形のハチで、体は黒色に黄色の斑紋があり、腹部はとっくり状にくびれている。小枝などに泥で壺形の巣を作って産卵し、シャクトリムシなどを狩り集めて運び入れ、幼虫のえさにする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とっくりばち【徳利蜂】

ドロバチ科のハチ。体長約15ミリメートル。体は黒く、黄斑がある。草木や人家の壁などに泥をかためてつぼ状の巣を造り、産卵後、麻痺させたチョウやガの幼虫を数匹入れ、かえった幼虫の餌にする。サムライトックリバチ・スズバチなどの近縁種を含めることもある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

徳利蜂 (トックリバチ)

学名:Eumenes micado
動物。スズメバチ科の昆虫

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

徳利蜂の関連キーワードチョウ近縁種草木人家黄斑体長