徳大寺公迪(読み)とくだいじ きんなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「徳大寺公迪」の解説

徳大寺公迪 とくだいじ-きんなり

1771-1811 江戸時代中期-後期の公卿(くぎょう)。
明和8年6月19日生まれ。徳大寺実祖(さねみ)の子。正二位,権(ごんの)大納言徳大寺家につかえていた桂園(けいえん)派の始祖香川景樹(かげき)に和歌をまなんだ。文化8年7月25日死去。41歳。名は「きんみち」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典「徳大寺公迪」の解説

徳大寺公迪 (とくだいじきんみち)

生年月日:1771年6月19日
江戸時代後期の公家
1811年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android