コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳大寺家 とくだいじけ

3件 の用語解説(徳大寺家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳大寺家
とくだいじけ

藤原北家閑院流の大族。三条家,西園寺家,洞院家と同じく藤原公季 (きんすえ) を祖とする七清華家の一つで,大臣,大将を兼ね太政大臣に進む家筋。徳大寺の家号は平安時代末期,公実の子実能が山城国葛野 (かどの) 郡衣笠岡に山荘 (徳大寺,得大寺) を建て,徳大寺殿と呼称されたのに由来する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とくだいじけ【徳大寺家】

藤原氏北家閑院流の権大納言公実の男左大臣実能を始祖とする堂上公家。閑院流は歴代の子女が天皇の後宮に入っている。たとえば公成の女茂子は後三条天皇の女御となって白河天皇を生み,実季の女茨(苡)子が堀河天皇の妃となって鳥羽天皇を生み,公実の女璋子は鳥羽天皇の皇后になって,崇徳・後白河両天皇を生んでいる。特に院政を行った白河・鳥羽・後白河3上皇がすべてこの流からでているので,院政期に勢力があり,公実の3子,すなわち実行が三条家を,通季が西園寺家を,実能が徳大寺家を起こし,いずれも摂関家につぐ清華という家格となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳大寺家
とくだいじけ

藤原氏北家閑院流(ほっけかんいんりゅう)の系統を引く三条家より分立した家。家格は清華家(せいがけ)。平安時代末の権大納言三条公実(きんざね)の子徳大寺実能(さねよし)に始まる。家号は実能が京都衣笠(きぬがさ)に建立した徳大寺にちなむ。実能の数代前から、三条家の女子が歴代の後宮(こうきゅう)に入り、白河・鳥羽・後白河の各天皇の生母となった。白河・鳥羽・後白河の各天皇が院政を敷いたことから、同家出身の子弟は宮廷内で実権を握るようになった。公実の代に、本家の三条家から通季(みちすえ)を始祖とする西園寺(さいおんじ)家と実能の徳大寺家が分立。いずれも摂家に次ぐ家格となる。当時の出身で、とくに平安時代末期から鎌倉時代初期に活躍し、後徳大寺(のちのとくだいじ)左大臣とよばれた徳大寺実定(さねさだ)や、鎌倉時代中期に当家初めての太政大臣になった徳大寺実基(さねもと)(1201―1273)、明治天皇の侍従長を務めた徳大寺実則(さねつね)(1839―1919)らは有名である。[米田雄介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の徳大寺家の言及

【清華家】より

…家格は平安時代末から徐々に形成され,鎌倉時代にほぼ固定して七清華といわれた。すなわち三条家(俗称,転法輪)をはじめ,西園寺家およびその分流の今出川(菊亭)家徳大寺家(以上,閑院家流),また花山院家および大炊御門(おおいみかど)家(以上,花山院流)の藤原氏北家の流れをくむ6家に,源氏の久我(こが)家を加えた7家をいう。ところが江戸時代の初め,一条昭良(後陽成天皇の皇子)の男冬基が醍醐家を,また八条宮智仁親王の子忠幸が広幡家を興し,ともに清華家に列せられ,九清華となったが,この両家より太政大臣に昇った例はない。…

※「徳大寺家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徳大寺家の関連情報