コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳島ヴォルティス とくしまゔぉるてぃすTOKUSHIMA VORTIS

知恵蔵miniの解説

徳島ヴォルティス

徳島県全域をホームタウンとするJリーグ加盟のプロサッカークラブ。ホームスタジアムは鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム。チームカラーはブルー。チーム名はイタリア語の「Vortice」(渦の意)をもとにした造語で、鳴門の渦潮にちなんで名付けられた。前身は1955年創設の大塚製薬サッカー部。2005年、チーム名を現名称に改めてJリーグに入会し、J2に参加。初年度から下位に低迷するが、09年にJ1セレッソ大阪から現日本代表の柿谷曜一朗をレンタル移籍(12年にセレッソ大阪へ復帰)で獲得して以降、成績が上昇。小林伸二監督体制の13年には来季のJ1昇格を懸けたプレーオフを勝ち抜き、四国勢初、クラブ史上初のJ1昇格を決めた。

(2013-12-10)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

とくしま‐ヴォルティス【徳島ヴォルティス】

日本プロサッカーリーグのクラブチームの一。ホームタウンは徳島市ほか2市4町を中心とする徳島全県。昭和30年(1955)、大塚製薬サッカー部として設立。平成17年(2005)に現名称に改め、Jリーグに参加した。
[補説]「ヴォルティス」はイタリア語で渦を意味する言葉からの造語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

徳島ヴォルティス

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。2005年に加盟。徳島県を活動区域とする。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

徳島ヴォルティスの関連キーワードセイドゥ ドゥンビア大塚ホールディングスティスちゃんヴォルタくんドウグラスドゥンビア村松大輔

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳島ヴォルティスの関連情報