コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渦潮 ウズシオ

デジタル大辞泉の解説

うず‐しお〔うづしほ〕【渦潮】

渦を巻いて流れる海水潮流方向・速さの著しく異なる境界位差の大きい所に生じやすい。鳴門海峡のものは有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うずしお【渦潮】

渦を巻きながら激しく流れる海水。潮の干満の差の激しい狭い海峡で起こる。鳴門海峡のものが有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渦潮
うずしお

海でおこる大きな巻に対するやや文学的な用語で、学術用語ではない。渦巻は、海水の流れの方向や速さが著しく異なるところがあると、その境界部に生じ、とくに比較的広い海面の湾や内海が狭い海峡で外海と連なっているところで、潮位差が大きいと、大規模な渦巻が生じやすい。
 日本では淡路島と四国の間にある鳴門(なると)海峡の渦潮が有名である。淡路島を迂回(うかい)して明石(あかし)海峡から入る潮汐波(ちょうせきは)の影響で、鳴門海峡の北側の播磨灘(はりまなだ)と南側の紀伊水道との潮汐が逆位相となり、播磨灘が満潮のとき、紀伊水道側が干潮(またはこの逆)となり、その際の水位差は大きいときには2メートル前後となる。このため海峡の中央部に、秒速5メートルを超す激流が生じ、その激流の両側には、直径15メートル、中央部がおよそ1.5メートルもへこんだ渦潮が生じ、数十秒間も渦巻く。外国ではノルウェーのロフォーテン諸島付近のメール・ストローム、イタリア半島とシチリア島の間のメッシーナ海峡のカリフジスなどがよく知られている。
 こうしたところは航海の難所であるが、渦潮は1日に2回は潮流が小さくなって消えるので、そのときをねらって航行する。このために潮位の予測から特別の表を計算し、印刷、公刊したり、海峡に信号所を設けるなどして安全航行に供している。[安井 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

渦潮の関連キーワード大鳴門橋架橋記念館徳島ヴォルティスうずしお科学館南あわじ(市)鶴見(大分県)くつわせんべい徳島県鳴門市五十崎 古郷此れやこの鳴門の渦潮鳴門・鳴戸早崎瀬戸大畠瀬戸針尾瀬戸鳴門巻き名に負う渦潮電機うずぴー南あわじ鳴門市

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渦潮の関連情報