コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渦潮 ウズシオ

3件 の用語解説(渦潮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うず‐しお〔うづしほ〕【渦潮】

渦を巻いて流れる海水。潮流の方向・速さの著しく異なる境界や潮位差の大きい所に生じやすい。鳴門海峡のものは有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うずしお【渦潮】

渦を巻きながら激しく流れる海水。潮の干満の差の激しい狭い海峡で起こる。鳴門海峡のものが有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渦潮
うずしお

海でおこる大きな渦巻に対するやや文学的な用語で、学術用語ではない。渦巻は、海水の流れの方向や速さが著しく異なるところがあると、その境界部に生じ、とくに比較的広い海面の湾や内海が狭い海峡で外海と連なっているところで、潮位差が大きいと、大規模な渦巻が生じやすい。
 日本では淡路島と四国の間にある鳴門(なると)海峡の渦潮が有名である。淡路島を迂回(うかい)して明石(あかし)海峡から入る潮汐波(ちょうせきは)の影響で、鳴門海峡の北側の播磨灘(はりまなだ)と南側の紀伊水道との潮汐が逆位相となり、播磨灘が満潮のとき、紀伊水道側が干潮(またはこの逆)となり、その際の水位差は大きいときには2メートル前後となる。このため海峡の中央部に、秒速5メートルを超す激流が生じ、その激流の両側には、直径15メートル、中央部がおよそ1.5メートルもへこんだ渦潮が生じ、数十秒間も渦巻く。外国ではノルウェーのロフォーテン諸島付近のメール・ストローム、イタリア半島とシチリア島の間のメッシーナ海峡のカリフジスなどがよく知られている。
 こうしたところは航海の難所であるが、渦潮は1日に2回は潮流が小さくなって消えるので、そのときをねらって航行する。このために潮位の予測から特別の表を計算し、印刷、公刊したり、海峡に信号所を設けるなどして安全航行に供している。[安井 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渦潮の関連キーワード巴波川告子ボビン渦輪逆潮航海図渦巻向い潮毛流沖出し

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

渦潮の関連情報