コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文公 ブンコウ

百科事典マイペディアの解説

文公【ぶんこう】

中国,春秋時代のの君主(在位前636年―前628年)。名は重耳。名君とされる。父の献公は寵愛する驪姫(りき)の公子を太子にたてようとして諸公子を追放,重耳も国外を19年間流浪した。
→関連項目覇者

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんこう【文公 Wén gōng】

前697‐前628
中国,春秋晋の君主。在位,前636‐前628年。献公の子で名は重耳。晋に驪姫(りき)の乱がおこると讒言をうけて出奔し,趙衰(ちようし),狐偃(こえん)らの臣下とともに19年のあいだ諸国を流浪した。秦の穆公(ぼくこう)の助力により,ようやく帰還したときはすでに62歳であったという。即位ののち周室の内乱をしずめ,宋を助けて曹・衛を討ち,また北進してきた楚を城濮(じようぼく)の戦で破り,諸侯と践土(せんど)に会盟して(前632),斉の桓公につづく春秋第2番目の覇者となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんこう【文公】

前697?~前628) 中国、春秋時代の晋しんの王(在位 前636~前628)。名は重耳。父献公の死後の内乱を避けて国外に亡命。19年ののち帰国して即位。国力を充実させ、春秋五覇の一人となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文公
ぶんこう
(前697/672―前628)

中国、春秋五覇(ごは)の1人で、晋(しん)の君主(在位前636~前628)。字(あざな)は重耳(ちょうじ)。父の献公(けんこう)が驪姫(りき)を寵愛(ちょうあい)したことから発した内乱で国外に亡命し、狄(てき)、斉(せい)、楚(そ)、秦(しん)などに19年間の流寓(りゅうぐう)生活を送ったが、秦の穆公(ぼくこう)の援助を受けて帰国し、即位した。周室の内乱で鄭(てい)に亡命していた周の襄(じょう)王を助けて帰国させ、また強大化した南方の楚を城濮(じょうぼく)(山東省)の戦いで破り、中原(ちゅうげん)を防衛した。践土(せんど)(河南省)に諸侯を集めて会盟を主催し、王より伯(覇)を賜った。[田中柚美子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の文公の言及

【五覇】より

…中国,春秋時代の5人の覇者。5人のうち,斉の桓公と晋の文公を除いた他の3人については,たとえば楚の荘王,呉王の闔閭(こうりよ),越王の句践(こうせん)とする説,秦の穆公(ぼくこう),楚の荘王,呉王の闔閭とする説,秦の穆公,宋の襄公,楚の荘王とする説などがあって,必ずしも一定していない。ただ5人という数は,のちの戦国時代の五行説にもとづいてつくられたものであり,実際には5人に限定する必要はない。…

【春秋戦国時代】より

…桓公は第一の覇者であり,以後歴史は覇者を中心として動く。 桓公の没後,かわって登場するのが晋で,その文公(在位,前636‐前628)は周王室の内乱を鎮め,前633年には北上する楚を城濮(山東省濮県)で破り,践土(河南省滎陽県)に周王を迎えて,楚の捕虜などを献ずるとともに,諸侯に王室への忠誠を誓わせた。こののち華北では晋が覇者の地位を保っていたが,南の楚が勢力を増し,北上の力を強め,鄭などをその傘下に入れるに至った。…

【晋】より

…前679年曲沃(山西省聞喜県)の分家の武公の国を奪い,以後周囲の小国や北の狄(てき)を討って疆域を拡大した。前7世紀後半の文公は,楚の北上をおさえて,覇者となる。以後華北の強大国として,楚と対立したが,春秋後半には,大夫の勢力が強大となり,晋侯の実権は失われ,前453年に韓・魏・趙3家に国土を三分され,前376年3家に滅ぼされた。…

※「文公」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

文公の関連キーワード尺を枉げて尋を直ぶ世世其の美を済す言葉なお耳に在り言葉なお耳にあり五尺の童子穴隙を鑽る晋[周代]文公[晋]城濮の戦い徳川治保断章取義匹夫匹婦践土の会長幼の序佚存叢書乱臣賊子南蛮鴃舌鄭道昭介之推井田法

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文公の関連情報